「自分らしく、自分らしい場所に住む」
セクシュアリティに関係なく「私らしく」
そして「大切な人」と一緒に住まいを探せるように。

about_dot02

about_title

about_txt01_bg

部屋探しは
LGBT当事者にとって大きな壁

LGBT当事者の中には、またまだ部屋探しにおいて不安や不都合を
感じている人も少なくありません。

― 例えば、同性パートナーと2人で暮らそうと思った時、
同性愛であることがバレたら入居を断られるのではないか

― 例えば、トランスジェンダーで戸籍上の性別と見た目の性別
同性愛であることがバレたら入居を断られるのではないか

LGBTではない方たちでは気づかないようなことが住まい探しの
壁になっていることが多数あるのです。それを解消し、少しでも
自分らしい住まいを見つけてもらうために様々な取り組みを始めます。

about_dot01 about_dot02

- MESSAGE -

LGBTが住みやすい社会は
誰にでも優しい社会だと信じている。

代表 三浦 暢久

img01
about_dot01 about_dot02

サイレントマイノリティと
呼ばれるLGBT当事者

見えないものへの配慮ができるようになることは、
それ以外の人への配慮もできるようになるのではないでしょうか?

マイノリティはたくさん存在しています。
そしてそれぞれが、知らないうちに植え付けられた偏見を持っている
可能性があるのです。

私たちは、それを少しずつ解消していくだけで
たくさんの人が住みやすくなると信じています。

― 他者を理解し尊重することで、地域や隣人に対して敬意と思いやりを持つ

そんな社会は、誰にとっても伸びのびと暮らせる社会になると確信します。

about_dot02

friendly_title

miyoshi takara ryowa

contact_title

物件をお探しの方、
まずはお気軽にお問合せください。

お返事は3営業日以内にさせていただきます。

活動へのサポートや講演依頼等、随時募集しております。

私たちの活動へのお問い合わせや研修・講演依頼、サポート・寄付等、お待ちしております。是非、お気軽にお問い合わせください。